HOME

12.4  2012年05〜06月 12.07〜09


2012/06/30
白いハマナス

忠別川の河川敷に、白いハマナスが咲いていました。

初夏の暑さによく似合います。


2012/06/25
白樺の実

少し油断しているうちに、夏至が過ぎてしまいました。
きのうまで寒さが続いていましたが、今日は気温が27度まで上がって、
ようやく夏が訪れそうな雰囲気になってきました。

「白樺の実がなったね〜〜と」ノビタキがいっていました。 


2012/06/13
カッコウ鳴く

カッコウを初めて写しました!!!
大きな声です。


2012/06/11
マタタビの花

春はどんどん過ぎていきます。
ちょっと油断をしていると、貴重な花を見逃します。
見逃すと一年待たなければならないのですから・・・

これはミヤママタタビの花です。

実はとても美味しくて、
私も旅人も猫も大好きです。


2012/06/05
美瑛の丘

若葉輝く美瑛の丘です。


2012/05/26
オオジシギ写せず

札幌から来た因縁浅からぬ友人と、美瑛方面に出かけました。

前田真三の写真ギャラリー「拓真館」の駐車場の近くでオオジシギがジ〜〜ジ〜〜〜と鳴いていました。

オオジシギの鳴き声を聞くと心が躍ります。

なんと!オオジシギは春になるとオーストラリアからやってくるのです。
その距離9000キロ・・・北海道なら1万キロといっていいいでしょう。

なにもそこまで・・・と思れるほど、頑張って渡るのです。

オウジシギはしばらく写してないので、
慎重にこの写真のあたりを覗っていたら、

突然!

『フャ〜〜ックション!!!』とその男は とんでもないくしゃみをしたのです。


2012/05/25
ノビタキ

若いノビタキが止まっているのは、

いわゆる、薹(とう)が立ったフキノトウです。

深い雪がだんだん融けて、やっと見えてきた土の上に

真っ先に出て、春の香りを放つフキノトウ!

ご苦労さまでしたね〜〜〜


2012/05/24
朝の雲

雲がほんの少し 赤みがかっているのは早朝だからです。

美しい5月の 夜明けです。


2012/05/22
シダレザクラ

旭川は冬の寒さが厳しいので、
ひ弱な桜は育ちにくいといいます。

この 儚(はか)なそうなシダレザクラも、
ことしもやっと咲けました というように咲いています。

ほんとに弱いのかな・・・


2012/05/18
若葉

やっと始まった若葉の季節です。
遅咲きの桜が微かに咲いています。
まだ葉が出ていない樹もあります。
美しい五月です。


2012/05/17
ナナカマドの若葉

桜はあっというまに散って、春はジャマイカのウサイン・ボルトと同じぐらいの速さで通り過ぎていくような気がします。

・・・ん?
100をメートル9秒58で走る人。

ナナカマドの若葉が、早くも初夏の歌を歌っているみようです。

もう少しゆっくり行ってほしいと心底思います。


2012/05/11
神代の昔から

「小樽商大  学内飲酒を全面禁止」と、新聞は語った。

北海道小樽市の小樽商科大学グラウンドで
アメリカンフットボール部員が飲酒し 、
9人が病院に搬送された問題で、小樽商大は

大学敷地内と関連施設での飲酒を全面禁止とし、学内の生協でも酒類の販売を取りやめたのだという。

大学ともあろうものが、なんと愚かな!!!

そういうことは、神代の昔から

世界中にあって、

それでも生き残った人たちが、今生きているのだ。

過保護は子供たちを真綿に包み、

かすかなストレスにも耐えられない、
軟弱な人間を作り、

結局は自らを滅ぼしてしまうのだ。


2012/05/09
柳の若葉

前の緑が、柳の若葉です。

忠別川のほとりです。


2012/05/05
カタクリの森

森の小さな花々は、樹に葉っぱが生えてくる前に、大急ぎで花を咲かせます。
森の木々たちも、小さな草花たちが花を咲かせて実を結ぶまで、葉っぱを出さないでいてあげるのです。


2012/05/3
桜咲く

今年の冬は寒くて厳しくて、なかなか春が来なくて、
天気予報も桜が咲くのは遅くなるといっていたから、油断していたら、

きのうになって突然、気象台は開花宣言したから、
すっかりあわてて写しに行った。


2012/05/1
正解

2012/04/28 「蛙とツクシ」の正解です。携帯で見ている人は見つけにくいでしょうね。

右のツクシの頭の先にいます。 たぶんアマガエルです。
アマガエルは環境にあわせて色を変えるのだそうです。

おとといときのう、八チーに連れられて釧路網走方面に行ってきました。
写真はのちほど・・・



HOME  写真館Top

12.4  2012年05〜06月  12.07〜09


inserted by FC2 system